賢いレンタル会社の選び方

備品の品ぞろえをチェックしよう

事務所で使用する備品をレンタルすると、安くお得に利用できるメリットがあります。ただ、一般的には事務所で使用する備品をリースで契約しているといった会社も多くあります。このリースとレンタルの大きな違いは、手続きの利便性です。
リースは、契約手続きが必要であり、加えてそのリース契約の前に事前審査が行われます。どのような業種で、どのくらいの期間利用する予定なのか。万が一、故障などの場合も踏まえてしっかりと審査が必要となるものなのです。
しかしレンタルは違います。リースと違い、審査を必要とせず、基本的には契約ではなく申請によって利用可能となります。また備品も、例えば椅子1脚から等、自分達のニーズに合わせて好きな数を選ぶこともできます。
会計検査の際にも、レンタルは資産ではなく、あくまでも業務で使用するもの、つまり経費としての計上が可能である等、事務所運営にとってかなり利用しやすいサービスなのです。
こうした点を踏まえると、例えばこれから起業しようと決意している方、また一定の期間だけ活動を予定している会社などにはオススメのサービスといえます。個人工務店などがモデルルームを設計した際の簡易的な事務所にも最適と言えましょう。
そんな備品レンタルですが、世の中には様々なレンタル会社が存在しています。利便性の高さから需要が高まっているため、今後もさらに増える可能性があるレンタル会社を賢く選ぶにはポイントがあります。
そこでそんな備品レンタル会社の賢い選び方についてご紹介します。

長期レンタルできる備品のメリット

事務所で使用する備品には様々なものがあるものです。特に業種によっても、必要の度合いが変化する備品は、なるべく長期間レンタルで揃えるのがオススメ。ただし、どんな種類のものが必要となるか、品ぞろえはレンタル会社を選ぶ上で欠かせないポイントとなるところです。

料金体系にはコツがある

レンタル会社を選ぶには、備品を長期間レンタルする場合の料金設定も欠かせないチェックポイントです。多くのレンタル会社ではレンタル備品の料金体系やシステムを明記している場合が多いもの。ただしここでも、チェックすべきポイントがあります。選び方によって安くお得になるコツもあります。

返却時の配送や交換に対応している

備品をレンタルする場合に、意外と盲点となるのが、その配送です。受取の際や返却の際、レンタルした備品を誰が運ぶのか、ここは会社選びでも重要です。とくに長期間レンタルするなら、この契約は後に大きな影響を生むこともあります。そんな配送に関する会社選びのポイントをご紹介します。

トップへもどる